神様の使い

ヒグラシたちが

なく前に、

空が明るさを取り戻す

寸前に、

愛くるしい野鳥、

チュルルー

チュッチュルルー

神様の使い。

スポンサーサイト

久しぶりのお湿りです

夕べから朝方まで
断続的に
久しぶりのお湿りです。

カラカラ状態の地上に
天然のシャワーよろしく
クリーニングされました。

いまは止んでいます。
リフレッシュの空気が
漂って心地よいですね。

石ころゴロゴロベット

40.9度の記録的暑さの中

山懐に流れる川へゆく



キャンプ場は盛況で、

かずかずの素敵なファミリーが

楽しんでいた。

私も3人で聖なる川に浸かる。



水辺の風は涼しく、

眠気を誘います。

さあ~と敷いたシート

ごろごろ石のベット

あるがままのデゴボコベットに

からだをゆだね、

馴染ませるのです。



すると思いもつかぬ私の体のツボにあたったりして、

いいのでした。


太陽の下、畑を耕す

近所の動物的反射神経の持ち主、

その人の畑は隅々まで、行き届いている。


いつも、隠れるように作業をしていて、

ほかの人には気づかれないようだ。

わたしはこの間、散歩中に遭遇した。

その人もわたしが居たのに、気づかず

ビックリして、すぐ柵に身を潜めたのです。

その動作、お年にしては、

身のこなし方が、すばやかった。

わたしの方が、より驚かされたのです。

やはり、土と親しんで居る人は

どこか健全さがあるにでは?

と、知るのでした。
太陽の下

カレンダー

07 | 2007/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

ようこそ



IROIRO


IROIRO

ふらりブログのプチタビ雑誌

ご紹介

CM

プロフィール

kaimei

Author:kaimei

日本語→英語 自動翻訳

サーバーほか

宣伝



FC2カウンター