意外と一人旅が好きです

リュック担いで、どこへ行こうか?

南の方へ向きをとる。

国道を歩いていると僕は旅の始まり、

足どりは軽い。


自由なんだよとカラスたちは飛んでいる、

昼が過ぎまだ僕は歩いている。

夕方を過ぎ真っ暗な国道、静けさの中に靴音が響きすぎる。


雪がちらつくので、脇の土手を下りて眠ってしまった。

日本海側から広島へ行く途中の山中だった。
スポンサーサイト

国立大学通りフリーバザール

1988年以前、そうですねその2年前ごろ

近所の人と国立のフリーバザールに行ってました。


僕は手作り木工作品、木工雑貨を毎週出店していました。
公園のような広さの大学通りの歩道に、好きなように
店を出したのでした。

毎週僕の作品を買ってくれる国立のお嬢さんが現れたり、
思考をこらした一品を気に入って買ってくれる青年もいたり、
楽しい時期でした。

しばらく過ぎた頃、なぜか使用禁止になってしまい
残念な思いと、結構僕の作品と共鳴する人がいるんだ、
という自信が残ったのです。

カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ようこそ



IROIRO


IROIRO

ふらりブログのプチタビ雑誌

ご紹介

CM

プロフィール

kaimei

Author:kaimei

日本語→英語 自動翻訳

サーバーほか

宣伝



FC2カウンター