FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベーシスト・吉沢元治さんを思い出す

今日はサンポーニャを吹こうと考えていた。

造形板絵人形の招き猫と観音さんがほぼ完成し、

初夏のすがすがしい風にあたりながら、

過ごしていた。

暗くなってサンポーニャのことを思い出す。

(サンポーニャ(西: zampoña)は、南米の旧インカ帝国の文化圏内で用いられる、閉塞した葦の管を吹いて音を出すパンパイプと呼ばれる管楽器の一種である。)

暗闇の谷間にひびく原始音、

森に、夜空に

どんどんと広がり昇ってゆく。


思い出す,サンポーニャを気前よくプレゼントしてくてた、

二年前旅立った森 政一氏のことを


思い出す、フリージャズ・ベーシストの吉沢元治氏との

セッションのやりとり


静寂と浄化された空気の中でサンポーニャは

共鳴してくれた。

吹いても心地よいリズム、

また吹いてもメロディーでない音の流れがうまれてきていた。




はて!モトハルさんのユーチューブを検索する。


私はコレクティブを学んでいたんですね。
  (Collective~集合体)
もしくはインプロヴィゼーションみたいな遊び方を。
  (Improvisation~即興)






吉沢元治
「ディスタンス」

Motoharu Yoshizawa (bass)
'Distance'

CD :
「割れた鏡または化石の鳥」
Modern Music / P.S.F.
PSFD-55 (1994)

Originally released in 1975
Produced by Aquirax Aida




あゝ麗はしい距離(デスタンス)、 つねに遠のいてゆく風景
悲しみの彼方、母への、 捜り打つ夜半の最弱音(ピアニツシモ)。

(吉田一穂 「母」 )







※吉沢元治(よしざわもとはる)ーGoo音楽

60年代に吉屋潤グループでデビュー。北村英治クインテット、沢田駿吾クインテットを経て、フリージャズの世界に進出する。66年には伝説的なエルヴィン・ジョーンズのピット・イン・セッションに参加。さらに、天上桟敷、赤テントなどの劇団と幅広い活動を展開する。70年代に入り無伴奏ベース・ソロを始め、デレク・ベイリー、スティーヴ・レイシー、高橋悠治、灰野敬二らと共演。また、海外のインプロヴァイザーの招聘や、即興のワークショップを行うなど、即興音楽の普及と後継の指導に努めた。ベースやチェロによる彼のインプロヴィゼーションは、精神の奥底に眠る禍々しいものへの不安感を無意識のうちに煽るようだ。--98年9月12日、肝臓癌で死去。闘病中に参加したギャーテーズの渋谷ラ・ママにおけるライヴが最後の演奏となった。
リンク元:http://music.goo.ne.jp/artist/ARTLISD1000244/index.html

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ようこそ


最近の記事
PR
カテゴリー
ご紹介
ふらりブログのプチタビ雑誌
ご案内
プロフィール

kaimei

Author:kaimei

日本語→英語 自動翻訳

English

散策





【ニューヨークからの贈り物 】



宣伝


月別アーカイブ
PoweredBy

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

RSSリンク
ご紹介
リンク
いろいろCM
CM
IROIRO

IROIRO

サーバーほか
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。